1. HOME
  2. 地域づくり
  3. 福祉教育・ボランティア

隠岐の島町福祉教育推進事業

隠岐の島町社会福祉協議会では、隠岐の島町内において実施される様々な「福祉教育」実施団体等と連絡調整を図りながら、最適な実施方法の調査・研究・得た情報等の提供・機材・用具の貸出を行い、「福祉教育」をより効果的に推進することを目的として、「福祉教育推進事業」を実施しています。

事業内容

隠岐の島町内で実施される「福祉教育」が効果的に展開されるよう、隠岐の島町社会福祉協議会は主に以下の活動を行います。

1.福祉教育関係資料の提供
2.福祉教育実施方法等の調査・研究
3.福祉教育に使用する機材の貸出し
4.その他「福祉教育」推進に必要な活動

福祉教育の推進

・福祉教育体験学習のご紹介

世界には様々な個性の人が暮らしています。その個性とは、眼鏡をかけているいない、ほくろのあるなし、ちょっとしたクセなど些細なものもあれば、年齢の違い、民族や人種の違いといったものまで幅広いものを意味しています。

このように様々な人が暮らす社会の中で、私たちはみんなつながりを持って生きています。みんながお互いの事を理解しあい、幸せに暮らしていくために、隠岐の島町社会福祉協議会では、福祉教育体験プログラムを用いて、福祉の心を育てる教育=福祉教育を推進しています。

車椅子体験コースや、高齢者疑似体験等をはじめとした福祉教育学習メニューの紹介や進め方のアドバイスを行っています。また、体験学習に必要な器材(車イス、アイマスク、点字器、高齢者疑似体験器具など)の貸与も行っています。

体験学習の他に、ボランティア基礎講座(ロールプレイ方式)等のボランティア教育も推進しています。

詳しくは隠岐の島町社会福祉協議会 地域福祉課へご照会ください。

・福祉教育体験プログラム(※1)

対象・定員 内 容 時間数・単位数
小学4年生以上 40名まで ・車椅子・アイマスク
・高齢者体験学習
(※2)
・概ね3時間(単位)
・ボランティア基礎講座 ・概ね2時間(単位)
※1〔福祉教育プログラム〕
プログラムの詳細は、実際に各校福祉教育担当教員との事前打ち合わせが必要となります。

※2〔高齢者体験学習〕
疑似体験装具は、健常者がからだの不自由さを体験するために作られたものです。将来起こるかもしれない、からだの不自由さを体験することで、住居設計時に考慮するポイントや介護用具の必要性を知ることができます。
などなど・・・
車椅子 車椅子

お問い合わせ

 
隠岐の島町社会福祉協議会 総務福祉課 地域福祉係
〒685-0027
隠岐の島町原田396番地
(隠岐の島町社会福祉センター 内)
電話:(08512)2-0685(代)
MAIL:info@oki-fukushi.net
△ このページのトップへ戻る